2013年05月21日

【黒単除去コン】(北海道最強決定戦ver)

第六回北海道最強決定戦でBとして使用したデッキです。

【黒単除去コン】レシピ
W-1 C なぐさめる人形クラリス×3
X-1 SR 調整体ノゼ×3
W-4 R 微睡む人形スージー×3
X-2 R 墓堀公クローゼ×3
X-1 UC 錯乱時計パニックヴォイス×2
X-2 UC 愛撫の魔煙フェザー×2
W-1 C 切りつける人形ノエル×2
X-2 UC メロー・カード×2
X-1 R アルカード伯爵×2
W-1 R 呪われた館×2
U-2 C 血の盟約×2
X-1 C 失恋の痛み×3
X-2 R 霧の浸食×1
W-4 C 人形遣いの休息×3
X-2 C 肉屋の注文書×2
W-4 SR 破滅の刻印×3
W-2 UC 滅びの波動×2

本当は、245環境でこのデッキを使うつもりはありませんでした。ビートダウン全般に対しては有利に立てるのですが、【青緑産卵クレバス】や【白黒アイス】に対しては全く歯が立ちません。それは、全最の時に散々回して思い知らされたことでしたし、245環境でも同じ結果になると思っていました。
しかし、その認識を大幅に変える出来事がありました。《突き刺す人形シェリー》の発表です。わずか黒2で2コスト以下破壊とリムーブ対策が行える。その能力は明らかに《精霊遣いアキロ》対策でしょう。この時、私は「《突き刺す人形シェリー》があれば【青緑産卵クレバス】に対して有利に立てるんじゃないか」と思い、北最の調整そっちのけで【黒単除去コン】を作り直し、一人回しをしていました。
そしたら、意外な結果になりました。【青緑産卵クレバス】がライブラリーアウト負けしたのです。しかも、《突き刺す人形シェリー》の能力のおかげで勝てた、という試合でもありませんでした。明らかに全最環境のときと何かが違います。私は、何故こんな事になったのかを考え直してみたところ、あることに気がつきました。【青緑産卵クレバス】に《錯乱時計パニックヴォイス》が入っていないのです。
そもそも、【青緑産卵クレバス】に入っている《精霊遣いアキロ》が何故辛いのかというと、《精霊遣いアキロ》を除去し続けても、《錯乱時計パニックヴォイス》で回収され続けてしまうからです。こちらの除去は有限であるのに対して、相手の除外リソースはほぼ無限です。こんな事をされてしまっては、そもそも勝負になりません。
しかし、245環境では【青緑産卵クレバス】に《錯乱時計パニックヴォイス》は入っていません。何故なら、《錯乱時計パニックヴォイス》の起動コストを支払うための黒エネが確保できないからです。《スカラベマスター》と《ファンシーカット・ペリドット》がサードセンチュリーのカードのため、使用することが出来ません。また、多色のカードはサードセンチュリーにしか存在しないため、使えません。そのため、3色以上の配色でデッキを構築する事はほぼ不可能です。以上の理由から、対《錯乱時計パニックヴォイス》を意識する必要がないのです。
その結果、【青緑産卵クレバス】に投入されている《精霊遣いアキロ》が有限化しました。使える回数に限りがあるのであれば、墓地を利用しない除去やハンデスで《精霊遣いアキロ》を対処した上で、墓地を利用しまくればいいだけの話です。
問題は、北最本番まで一週間を切っていた事でした。明らかに、245環境に合わせて【黒単除去コン】を調整しなおす時間が足りませんし、課題も山積みです。耐性対策が不十分ですし、《アイスドラゴン》のぶっぱに対する対抗策もありません。
悩みに悩んだ結果、《滅びの波動》を入れて誤魔化す事にしました。そしたら、対《アイスドラゴン》の問題は解決しました。いくら、デカイユニットを自軍エリアに並べようと、墓地を除外しようと、《滅びの波動》を打てば、それらは綺麗にリセット出来ます。墓地を利用すればもっと容易く盤面リセット出来ますが、墓地を利用しないと言う条件下では、これ以上ない黒のリセットカードです。
ですが、耐性対策、《プラチナドラゴン》と《獣騎士ガロン》をどうするかという問題は解決出来ませんでした。【白黒プラチナ】には《錯乱時計パニックヴォイス》が入っているので、ぶっぱ合戦ではこちらが不利です。また、《獣騎士ガロン》はほぼノーコストで出てくるので、対応がものすごくシンドイです。一応、《レディ・アルストロメリア》を直前に試しましたが、使用コスト4と墓地3枚除外が重すぎて、話になりませんでした。
このままの【黒単除去コン】では、ベスト4入りするのは難しい。そう直感しました。しかし、今まで組んできたデッキは、まともなデッキと呼べません。例外は【赤青急襲】ぐらいです。また、今から全く新しいデッキを作る時間も残されていない……。
ならば、もういっその事、長年使い続けたこのデッキで勝ちに行こう。そうした方が、プレイングミスを減らせるだろうし、何より北最を純粋に楽しむことが出来るだろう。そう思って、【黒単除去コン】を選択しました。
その結果、マッチング運に恵まれ、耐性を持つユニットがスクエアに置かれる事は一度もありませんでした。また、【青緑産卵クレバス】とは二回当たりましたが、事前に回していた通りの試合をする事が出来ました。もっとも、調整不足が祟って、勝つ事が出来ませんでしたが…。

ひとまず、次の全最は大幅にレギュレーションが変更されるようですので、それにあわせて、また練り直します。
今のところは
@《魔王ゼキオ》の採用
A禁呪0構築
Bあわよくば、ライブラリーアウトを狙っていく
というコンセプトで組もうと思っています。

余談
各カードの採用理由は征黒王ver第一回徳島D-0祭りverを。構築が大幅に変わっていますし、レギュレーションも違いますが、採用理由はあまり変わっていません。

2013年05月20日

第二回ヴェネツィアD-0祭りの動画一覧

第二回ヴェネツィアD-0祭りで撮影された動画をまとめました。
どれもこれも、非常にレベルの高い激戦です。どうぞご覧くださいませ。
※デッキの名前は、私の独断と偏見で付けております。変更希望がありましたら、コメント欄かhttps://twitter.com/Fire_zeroまでお願い致します。
※今回は、本選の第六回北海道最強決定戦のマッチングのみリスト化しております。ご了承ください。

一回戦 じょんVS弥七
http://www.ustream.tv/recorded/32978557
Aデッキ【青緑産卵クレバス】VS【青単隊列】
Bデッキ【白黒アイス】VS【青緑産卵クレバス】

二回戦 千里夜行VS春篠
http://www.ustream.tv/recorded/32980745
Aデッキ【赤緑コロポックル】VS【白単ベラ】
Bデッキ【青黒急襲】VS【黒白闘気】

三回戦 じょんVSミヤマコ
http://www.ustream.tv/recorded/32982271
Aデッキ【青緑産卵クレバス】VS【緑単ムスプルキーマ】
Bデッキ【白黒アイス】VS【青単隊列】

四回戦 ミヤマコVS清書
http://www.ustream.tv/recorded/32983751
Aデッキ【緑単ムスプルキーマ】VS【青単隊列】
Bデッキ【青単隊列】VS【青緑クレバス】

五回戦 大橋VSモリエル
http://www.ustream.tv/recorded/32985005
Aデッキ【黒白プラチナ】VS【赤単】
Bデッキ【青緑産卵】VS【青単隊列】

六回戦 清書VSモリエル
http://www.ustream.tv/recorded/32989273 (試合の途中で配信が切れています)
http://www.ustream.tv/recorded/32990373 (Bデッキ戦の途中から)
Aデッキ【青単隊列】VS【赤単】
Bデッキ【青緑クレバス】VS【青単隊列】


準決勝 ミヤマコVSつばさ
http://www.ustream.tv/recorded/32992259
Aデッキ【緑単ムスプルキーマ】VS【緑単ムスプルキーマ】
Bデッキ【青単隊列】VS【青単隊列】

決勝 じょんVSミヤマコ
http://www.ustream.tv/recorded/32995349
Aデッキ【青緑産卵クレバス】VS【緑単ムスプルキーマ】
Bデッキ【白黒アイス】VS【青単隊列】
posted by Fire at 21:50| Comment(0) | TrackBack(0) | D-0その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第二回ヴェネツィアD-0祭りレポート

北海道のヴェネツィアD-0祭りに参加してきました。そのレポートです。

Aデッキ:【赤青急襲】
Bデッキ:【黒単除去コン】
レシピと解説は後日行います。

一回戦水城さん
Aデッキ戦:VS【白黒アイスプラチナ】
このデッキに対する対抗策は《祭儀の踊り子リムセ》を手札に握ることと、2点スマッシャーを場に出すこと。なのに、手札に《祭儀の踊り子リムセ》は来ないし、ベースもプランから貼れないなど、散々な回り。とりあえず、プランから《祭儀の踊り子リムセ》は出すものの、あっさり除去されていく。けど、相手の手札と墓地は確実に削っていけた。
そんな事をしている間に相手が9エネ到達。仕方ないので、手札とボードに7点スマッシュの算段はないもののスマッシュ開始。そしたら、次のターンに《ブレイブ・スパーク》を引くという神引きっぷり。それを使って《機神兵アミダ》を《アイスドラゴン》にぶつけてバトル中に《ブレイブ・スパーク》を打つ。これで相手のスマッシャーは《プラチナドラゴン》のみ。スマッシュレースで勝てる展開に。
しかし、プランに《信頼の証》や《調整体ノゼ》が見えると、返しのターンでこちらが7点スマッシュ出来ずに詰み。動いたのは相手ターン中だったので、相手はプランを掘る猶予あり。が、エネルギーを使い果たすまでプランを掘っても、それらのカードはめくれませんでした。

BデッキVS【青緑産卵クレバス】
相手は序盤に《妖精の社交場》や《悪戯するフェアリー》でブースト出来ず、私は《失恋の痛み》を打ちつつ《呪われた館》を貼る、というこれ以上ない理想的なスタート。しかも、《精霊遣いアキロ》はきっちり処理した上に、《メロー・カード》も立たせた。ただし、ゲームを決めに行く《愛撫の魔煙フェザー》と《アルカード伯爵》がなかなか引けない。ここで、《幽魔タスヴィーリー》を全抜きしたのが響いてしまいました。
残り時間も少ないし、2枚目の《精霊遣いアキロ》を引かれるとやっかいなので、痺れを切らして《破滅の刻印》を《大巨人ウートガルザ・ロキ》に打つ。が、決定打にならないどころかエネルギーからユニットを展開されて、やや盤面が不利に。シミュレート出来てないダメなプレイング。そのアドバンテージ差をひっくり返す事が出来ずにむなしく時間切れ。

○△ 4/6点

二回戦VSかずさん
Aデッキ:【青緑産卵クレバス】
ベース出せない、エネルギーに除去置きすぎ、《神を討つ魔剣の勇者》限界、出した《融解戦気灼熱王》はあっさり処理され、良い所なし。
まだまだ、このデッキを使いこなせてませんでした。

Bデッキ:VS【青赤急襲】
赤中心の急襲ビートではなく、青が中心のデッキ。直接戦った事はないですが、昆布交流会の時に横でそのデッキの動きは見ていました。
2ターン目に《蒼流星ストームドライブ》が出されるが、都合よく《墓堀公クローゼ》を引いて、それで《微睡む人形スージー》を蘇生して処理。そのあと、都合の良いタイミングで《愛撫の魔煙フェザー》がトッププランに見えて、《人形遣いの休息》回収。この時点で手札の枚数にかなり差がつく。あとは、早めのスマッシュをして、除去をしながら、ユニットを並べるといういつもの【黒単】の動きをして勝ち。

×○ 7/12点

3回戦春篠さん
試合前に、ABどちらかが【黒単】である事を暴露(どうでもいい)
Aデッキ:【白単ベラ】
【赤青急襲】で、先行5ターン目《検査官ベラ》→《プラチナドラゴン》は無理w

Bデッキ:【白黒闘気ライブラリーアウト】
どういうデッキ名がいいのか、私にはわかりません。ざっくり見た感じでは、闘気ギミックで墓地回収と遅延をしつつ、《サイレント・マジョリティ》でライブラリーアウトを狙うデッキに見えました。Vセンチュリーの強力な除去や《タクティクス・グラビティ・フィールド》もあり、かなり独創的ななデッキでした。
さて試合のレポートを。エネルギーを見ても、相手のデッキがわからなかったので、2ターン目に《失恋の痛み》を手札からプレイ。しかし、手札を見てもわからずじまい。とりあえず、《タクティクス・グラビティ・フィールド》があると《アルカード伯爵》が出せないので落とす。あとは《呪われた館》を貼って、相手の手札を0にしにいく。しかし、《悪魔竜嘲る》のせいで、なかなか手札が0にならない。
さらに、こんな時に限って《墓堀公クローゼ》と《愛撫の魔煙フェザー》が揃わない。そんな、不利ではないもののゲームを決めれるわけでもない状況に慢心していると、エネルギーに見える《サイレント・マジョリティ》。入ってんのかよ……。
このまま、ライブラリーアウトを狙うプレイングでは不味いと感じ、少し無理をして7点スマッシュをしにいく方向にシフト。そしたら、引きにも助けられ、場に5体ユニットを展開する事に成功。そのまま、押し切り。

×○ 10/18点

4戦目VS千里夜行さん
千里夜行さん、ならびに運営の方々、大変申し訳ありませんでした。誘発忘れ、コミュニケーション不足などなど、遠路とここまでの試合で疲労が蓄積していたとはいえ、プレイヤーとしての最低限のマナーに欠けた、最悪の試合をしてしまいました。この場を借りて、改めてお詫び申し上げます。
申し訳ありませんが、試合内容は割愛させてください。結果は2勝0敗でした。

○○ 16/24点

五回戦VS清書さん
Aデッキ:VS【青単】
先行3ターン目《星降る海の魔女アナ》は無理w
…という試合だけなら笑い話なのですが、ここでスマッシュ数を勘違いしてしまい、二度目の警告を受ける。ただし、前回の誘発忘れとは違う警告なのでデュエルロスにはならず。

Bデッキ:VS【青緑産卵クレバス】
《メロー・カード》を出したり、《失恋の痛み》を打ったりしていると、《滅びの波動》×2と《破滅の刻印》×2と《メロー・カード》×1という、最強手札が完成。一方、相手は《精霊遣いアキロ》と《神を討つ魔剣の勇者》を自軍エリアに並べる。そして、一体が前進してきたので、それを《滅びの波動》で場を一掃。相手はプランに解答を求めて掘るも、見つからないままライブラリーが削れていく。
そして、相手のライブラリーが一桁近くになった時点で、《メロー・カード》を前進させて優先権放棄。そしたら、《失恋の痛み》で確認していない《囚われの貴婦人》をプレイされる。引いたのか……。そこから《アイスドラゴン》が出されて、自軍エリアを埋めるほどの超展開。しかし、それらは《滅びの波動》できっちり対応。《滅びの波動》マジ強かった。
しかし、この時の私は明らかにおかしかった。相手はフルタップして《大巨人ウートガルザ・ロキ》を《大地の緒》ラインにプレイ。その後、「考えます」と言ったのを「優先権放棄」と聞き間違えてしまい、山札の一番上を見てしまった。ひとまず、ジャッジを呼び、どう処理するかを委ねた所、同じ内容の二度目の警告という事で私のデュエルロス。
私のミスです。しょうがない。

×× 16/30点

六回戦VSくろねこさん
Aデッキ:【青黒ビート】
試合内容を良く覚えてません……。《夢路の淑女シャローン》と《闇の天使アポカリプス》めんどくせーなーとか言ってた記憶だけあります。
結果は勝ち。

Bデッキ:【赤青プラント】
《赤青急襲》ではなくプラント軸。プラント軸は、常に速攻からのワンチャンがあり続けるので怖いんですよね…。いくら除去力のある【黒単除去コン】と言えども、手札の枚数には限りがあります。何回も何回も速攻を防ぐのは無理です。なので、うかつにフルタップはしないようにと思っていた矢先に、フルタップしてしまって2点スマッシュを受ける馬鹿。本来なら序盤〜中盤のスマッシュは喜ぶべきなのですが、あのデッキ相手だと話が違います。
ひとまず、メローカードでリリースインだけは防いで、ユニットを並べていく。しかし、常にエネルギーをある程度立たせておかなければならないので、満足な展開が出来ない。その後は、ひたすら除去と速攻の打ち合い。途中で《火事場泥棒》を打たれて度肝を抜かれたこともありましたw
そんな事をしている内に時間切れ。相手の山札は残り2〜3枚。除去を握られていたら、こちらの勝ちの目がなくなるどころか、返しのターンで7点スマッシュを受けかねません。けど、ベスト4に残るためには引き分けではなく勝つしかない。覚悟を決めて《メロー・カード》を敵軍エリアまで進軍させる。そしたら、そのまま普通にライブラリーアウト。

○○ 22/36点

結果
Aデッキ:3勝3敗
Bデッキ:4勝1分1敗
点数:22/36点

ボーダーラインが24点(記憶があいまい)だったため、ベスト4に2点届かず。滅茶苦茶悔しかった。あと、ほんの少しでベスト4に残れたのに……。
ただ、あまり綺麗な試合をしてきたわけじゃないので、ここで残るべきではなかっただろうなと、今では思ってます。


この借りは全最で返してやんよ!!


…種族の絆?ああ、30分で組んだサーヴァントデッキじゃ無理だったよ
posted by Fire at 17:52| Comment(0) | TrackBack(0) | D-0その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月11日

試作デッキ一覧(4弾環境)

罪滅ぼしの更新。
いつもなら、新弾発売時期に試作デッキ一覧上げてましたが、今回はまともにデッキを組んでないので…。
毎度の事ですが、どれも試作段階なのでマイナーチェンジ推奨。

【青単レヴォリューション】
B04 C《バトルヒーロー マルカブ》×4
B01 R《γ-S02アリオト》×3
E01 R《アドミニストレータ デネボラ》×4
B01 UC《家電合体タンタル》×4
B01 SR《ソードスナイパー リゲル》×4
B03 R《永遠の主人公 アサギ》×2
E01 R《サーキュラードリル ギルタブ》×2
B04 SR《剣帝神器サイクロトロン》×2
B04 C《ソードレヴォリューション》×3
B02 C《ミリオンレイン》×2
IG枠
B02 R《クロススナイパー シェアト》×4
B01 C《鋼城アスタチン》×4
E01 R《レーザーサイス アヴィオール》×2
C02 R《抹消機械ヴォイド》×2
B04 R《サイバーレイピア アルファルド》×4
B03 R《レーザーブレード ベネトナシュ》×4

解説
《ソードレヴォリューション》中心のデッキ。ビートダウンの動きをしますが、守りも十分強いデッキです。
似たようなデッキレシピで、HS名古屋で5勝1敗でしたので、それなりに戦えるデッキに仕上がってるとは思います。

【赤黒チャージコントロール】
B02 R《復讐の魔人ウルティオー》×1
B04 R《信濃の女傑 巴御前》×3
B01 SR《四つ足の勝利者ズィーガー》×4
P02 PR《幽鬼ダークスカー》×4
B04 UC 《奇妙な珊瑚コーラルリザード》×4
B03 SR《七大罪 色魔の魔人ルクスリア》×3
B04 SR《混沌の大蛇ヤマタノオロチ》×4
B03 SR《滅獄竜デスティニーベイン》×3
IG枠
B02 R《戦国の華 蘭丸》×2
B04 UC《骨戦士スケルタルファイター》×4
C01 PR《紅い牙ルビーハウル》×2
B01 R《嘆きの魔人マエロル》×4
C02 R《孤独の魔人ソリトゥス》×4
B03 C《カボチャお化けのジャックランタン》×4

解説
《幽鬼ダークスカー》や《嘆きの魔人マエロル》で《奇妙な珊瑚コーラルリザード》を置いて、コントロールしたいデッキ。
現状の構築だと、ちゃんと手札が0になるか、0になった後どうするかがはっきり決まってないので、そこらへんは要調整ですね。
posted by Fire at 11:05| Comment(0) | TrackBack(0) | Z/X | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。