2009年11月24日

次の墓穴の形

Q:いい加減墓穴使うの懲りれば?
A:除外されたカードを全て墓地に戻すぜっ!!
(訳:「明日には本気出す」の効果。つまり、次こそ墓穴デッキで勝ちにいきたい)

2009年11月21日…
暴かれた墓穴は核(リムセ)の炎に包まれた。
それだけでなく、私が血肉の策で組み上げたレイジネスとシャローンでビートしつつ、墓穴で得るカードを利用していく戦法は大巨人の盾に阻まれる。
パワー勝負するためには8500や7000〜9000では限界があったのだ
大巨人の盾ラインに立ち塞がる魔剣の勇者のパワー10500には遠く及ばなかった。
そう、バベルの塔がサンシャインビルにすら高さが及ばないのと同じように…
私はバベルの塔で天(勝利)に近づいていたのだと思っていた
しかし、サンシャインビル(の中にいる選手)はさらにその先をいっていた
それが11月21日にホテルで出した結論だった

そして2009年11月23日…
それでもFireは未だに墓穴を諦めず、永久機関の可能性を常に考え続けていた
墓穴は大量にアドバンテージを取るためのカード。それすなわちコントロールデッキ
ならば、バーミリオン・ハンターやプランジャーのようにプレイ時にアドバンテージを得られるカードが必要不可欠。
さらに回収後に別の行動が出来る4〜6コストのユニットであるば、なお良い
だが、黒のバーミリオン系はいない。おそらく、ブロッコリーの陰謀だろう。
ブロッコリーは墓穴との相性の良さを察し、作成前から黒のバーミリオンを登場させなかったのだ。
なんと忌々しい開発スタッフだろうか
※ブロッコリースタッフの方々ごめんなさい

しかし、我々墓穴プレイヤー達(墓穴使ってる奴お前ぐらいなもんだ)はちょうど良い適合者を見つけた

総司令ベリアルである

というわけで、ベリアルを混ぜてみようと思った。
上記の文はぶっちゃけかなりテキトー
というか、私の書き口じゃない。かなり無理してる。
…なら、無理してやるなって話か。でももう遅い。書いちゃった。
もう一回別の書き方に変えるなんて手間はかけたくない。
以下、脳内レシピ


ナイトベア×2
はしゃぐ人形コレット×2
メローカード×3
総司令ベリアル×3
死霊軍団長ビフロンス×3
暴かれた墓穴×3
失恋の痛み×3
魔界紳士録×3


粉雪の魔氷パウダースノー×3
不運の始まり×3
海底都市中央銀行×3

多色
堕天使ムリエル×3
封じる時のフリーズクロック×3
無限凍結×3


ただ、私はベリアルを持っていないという事がこのデッキを作るための最大の障壁
別にそのためなら高い金払ってもいいんだけど、なんかもったいない。
オークションや通信販売で落とせないかなと思ったけど、ヤフオクには一枚も置いてないし、通信だと一枚3000円近くする。
ぶっちゃけ、1枚これだけの値段はかなりつらい。
実は執筆作業のためにノートパソコン買おうと金溜めてる最中なので、1万前後の買い物はなるべく避けたいのです。
参考資料買うためなら1万ぐらい軽く出しますけど(DVDやBDとか)

どうしたもんかなー。誰か交換してくれないもんか…
ぶっちゃけこのためなら、今の私は平気でシークレットである悲運の貴公子シュレーゲルやボンガを継ぐ者を出せる勢い。
posted by Fire at 15:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 【暴かれた墓穴】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 出せるわけではない。だが、勘違いがある可能性があり、それは正しておかねばならない。(ここまで口調パクリました)

 墓穴の効果に「貴方のカードが墓地に置かれるとき、代わりにゲームから除外する」という効果があります。
 これ、ベリアルや明日には本気を出すの効果にも適応されます(汗;;)。

 つまり、
除外されていたカード→墓地に落ちるか割にゲームから除外→除外ゾーンの順番が変わるだけ
 ってなるんですよ。

 墓穴の無限コンボを考える上で、これが非常にネックなんですよね〜。
Posted by ジーク at 2009年11月24日 22:05
甘いな、ジークさん。
私には一つ口調がパクられたとしても、第二、第三の口調が(ry

一応、墓穴に関するルールは全部熟知しているつもりなのでご心配なく
親切にありがとうございます。
てか、除外から明日には本気だすで戻せたら、迷わず禁呪を圧迫してでもメイン投入してます
…しかし、それは出来ない。現実は非常である。

ただ、その除外されたカードを墓地に戻す効果を差し引いても、十分墓穴にとってベリアルという存在は魅力的なんですよね。
墓穴の条件を満たすためには全体の使用コストをなるべく抑えなきゃいけないけど、使用コストを抑えすぎると終盤のテンポアドバンテージで大幅に損してしまう。
これはレディ・スネアやエキドナを使っていた時に感じた事。
結局、墓穴の条件があまり満たせず飾りになってしまって、実質ゼロカード戦になってしまうのです。
特に緑が相手だとシャレになりません。

ところが、ベリアルだと禁呪3だけあって、4コストという軽い使用コストでありながら、8コスト並みの制圧力を持ってるからかなり魅力的。
それはもう1枚3000円という高価格なカードに手を出したくなるほどに
除去られても、墓穴は回収対象がストラテジー、ユニットのどちらでも回収できるので2回目以降の結合にも繋げやすいだろうし
仮に手札に1枚パーツ揃っているのなら、一回墓穴を誘発させるだけで2回目が即座に発動できるから弱いわけが無いと思ってる。
それに、そもそもベリアルはベスト8に残るほどのパワーカードですしね。

…ただ、それが単なる妄想でしかないのか、本当に強いのかを試せないのがつらい
Posted by Fire at 2009年11月25日 01:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/133790274

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。