2009年12月31日

いと高き壁を感じる

今日、編む人と第一稿を見直した
…といっても、色々諸事情あるが故に、まだ第一稿全部見直したわけではないが

で、お互いに話し合って今日出した結論
このままじゃ、三次選考あたりで落ちる。
今の所、全体的に読んでて疲れる文章になってしまっている欠点が克服しきれていない。
なんていうか、全体として魅力が足りない。読者をひきつける要素が足りない。ドリル成分が足りない。
それはわかってる。わかっておりますとも
あれもこれもと欲張りすぎた。何もかも細かく書き過ぎた。
だけど、書いているうちは、書きすぎかどうかなんてまったくわかんないって話…

しかし、これらの欠点を正直克服出来る気がしない。
なんか、それらの問題点はそもそも自分の文章力が足りていないが故な気がするのよね…
だから、越えられる気がしない。少なくともあと数ヶ月足らずの間で
…いや、超えたいよ。超えたいとも。


話に脈略がないブログだと自分でも自負しているけど、切羽詰っているって事にしといてくれたらありがたい。
posted by Fire at 01:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。