2011年02月27日

【黒単除去コン】(X-2限定構築)

本日、このデッキを使って権利を獲得してきました。
《ドラゴンゾンビ》を貸してくださったシルファさん本当にありがとうございます!


ユニット 25枚
X-1 調整体ノゼ×3
X-1 ディドゥルチャージ×3
X-1 ケット・シー×1
X-1 錯乱時計パニックヴォイス×2
X-1 声をひそめる人形レイラ×3
X-2 闇の天使アポカリプス×3
X-1 闇を招く者ルーラ×2
X-2 幽魔タスヴィーリー×3
X-2 ドラゴンゾンビ×2
X-2 大陸アルドのサイクロプス×3
ストラテジー 15枚
X-1 ナイトメア・ウインク×3
X-1 絶対的終身雇用×2
X-1 失恋の痛み×3
X-1 因果律の抜け道×2
X-2 支配者の社交界×3
X-2 蠢く死者×2


今回からwikiにリンクを張ることにしてみました。
テキストがわからないという方もいらっしゃるでしょうし


試合結果
1戦目:【黒単アビスロード】○
2戦目:【赤単フレアロード】○(《焔魔ハナクイドリ》が入っていたため、デュエルロス)
3戦目:【白単ビート】○
というわけで、優勝しました。《闇の天使アポカリプス》ゲットだぜ!

調整体ノゼ×3
この環境だと3枚積みしておきたい。
《修羅の騎士》、《幽魔タスヴィーリー》、《光の巫女ホリプパ》、《森の守り神キーマ》、《アイスドラゴン》などと、5コスト以上で危険なカードが多すぎる。
特に《森の守り神キーマ》に瞬殺される確率を下げられるのは大きい。しかも、わずか2コストで
最悪、移動コストの軽いスマッシュ持ちユニットとして使うことが出来るのもなかなか。

ディドゥルチャージ×3
《スパイク・ガールズ》とどちらにするか悩んだんですが、これから増えるであろうコントロールに対してどちらが有効かって言われると、タダプレイできて相手の手数を減らす事ができる《ディドゥルチャージ》かなぁと
これはまだ仮説段階なので《スパイク・ガールズ》に変わる可能性はあり。

ケット・シー×1
1積み。
《ナイトメア・ウインク》に《因果律の抜け道》もあれば、1枚でいいかなという判断。
あと、5ターンも待てば《闇の天使アポカリプス》を使って、覚醒でプレイした奴らが全てなかった事に出来るのでそれでいいかなぁと。

錯乱時計パニックヴォイス×2
説明不要。さすが警戒カード。
強いて言うなら、エネルギーにおいたカードを除外して《大陸アルドのサイクロプス》につなげられる事がこのデッキだと多いよというぐらいでしょうか。

声をひそめる人形レイラ×3
正直、《闇の天使アポカリプス》と立場が被るので入れたくなかったんですが、かといって代わりに入れる除去がないので投入。
まぁ、使えるカードが限られているのでこういう事もあるよっていう。

闇の天使アポカリプス×3
このデッキの主軸。
対象にならず、相手のカードをガンガン減らしていくこのカードの性能は割と異常。
これがあるから、X-2限定でも【黒単】が組めるといっても過言ではないかも

闇を招く者ルーラ×2
「バトルに勝った時〜」という条件の厳しさゆえに3枚積みが避けられることが多いカードですが、7500以下のパワーが中央エリアにいる事が多い環境なんで、3積みでもいいんじゃないかなーという気がします。
ただ、このカードで何を蘇生する候補が少ないのが悩みの種。

幽魔タスヴィーリー×3
除外&詰め要員。
これがないと、7点スマッシュを与えられる気がしないです。
あと除外したカードを使って、《大陸アルドのサイクロプス》で帰還につなげられる点もまる。

ドラゴンゾンビ×2
1枚なのか2枚なのか悩み中。
実は3回中1度も能力を使わなかったんですよね。《闇の天使アポカリプス》が耐性持ち以外のユニットを綺麗に掃除していったので。
だったら、耐性持ちユニットが7点スマッシュを与える前に、こちらが7点スマッシュを決めれる形にしたほうが良いのかなー、って気もするんですが……どうなんでしょうね。
一応、私は後手から攻める事が多いので、現在こんな形にしてます。

大陸アルドのサイクロプス×3
除外可能なカードが多いので、思い切って3枚積み。
あと、これで《ドラゴンゾンビ》を出す確率を上げたかった。

帰還候補は《闇の天使アポカリプス》、《幽魔タスヴィーリー》、《闇を招く者ルーラ》、《ドラゴンゾンビ》とかかな。
《闇を招く者ルーラ》の蘇生と違い、中央エリアにいきなり出せるだけでこれだけ候補が広がります。

ナイトメア・ウインク×3
今の高速環境のことを考えると、ほぼ3枚積み確定。
これを入れるがために【黒単】にしているようなもの。

絶対的終身雇用×2
対コントロール&ハンデス対策。
除外手段も《マントルを漂う遺跡》だけなので、そう気にすることは無いだろうと。
あと、使用コストが重い構築なので、手札を増やすカードを入れておきたい。

失恋の痛み×3
ほぼ3枚積み確定カード
相手の手札がわかれば、コントロールの動かしやすさは段違いに変わります。

ちなみに《霧の浸食》ではない理由はプランをめくる理由が無いため。
このデッキは、プランからアドバンテージを得る事にあんまり重点を置いていません。《ディドゥルチャージ》は当たったらいいなぁというレベル。
なので、わざわざ、このカードを入れて情報アドバンテージを与える必要は無いかなと。

因果律の抜け道×2
Wのカード郡がごっそり抜けているので、ベースを並べる理由が無い。
なら、わずか3コストで除去可能なこのカードを入れる理由は十分あるだろうと。
というか、そもそも3コストでどんなカードとも1:1交換できるって相当なテンポアドバンテージですしね。

支配者の社交界×3
《調整体ノゼ》と同じ理由。入れておいて損は無いだろうと
あと、使用後にエネルギーにいくので《幽魔タスヴィーリー》や《大陸アルドのサイクロプス》に繋げやすくなります。エネルギー加速もドロー加速も出来ない黒にとってはありがたい話。

《ナイトベア》とどちらがいいのかは不明。
テンポアドバンテージ的には断然こちらなんですが、ユニットが並びにくいこのデッキにとって、除去内蔵のユニットってかなり重宝するんですよね。そもそもレギュレーション的に除去内臓のユニットって少ないですし。

蠢く死者×2
中央エリアにだして強いカードが多いので投入。
《幽魔タスヴィーリー》でリリースイン、《闇を招く者ルーラ》で蘇生、《闇の天使アポカリプス》で除去など、行動の幅が広いのもなかなか。
《貴婦人の微笑》と違って、ターン終了時に除外されますが、《大陸アルドのサイクロプス》で出せばいいだけの話。
posted by Fire at 21:49| Comment(4) | TrackBack(0) | D-0デッキレシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
時間のかかるリンク作業…
お疲れ様です

ドラゾンはV限定ではかなり実戦級ですね
耐性多いですし
通常構築だとアニヒ・クレバスと比べられて弱く扱われますが

ただ《大陸アルドのサイクロプス》から《ドラゴンゾンビ》って《タクティクス・グラビティ・フィールド》に弱過ぎるというのが気になります
まぁ諦めて他のカードでコントロールすれば良いということでしょうか
Posted by 佐東ふじふじ at 2011年02月27日 23:36
コメントどうもです。

今回の予選でも、その点が気になりました。
3戦目で《タクティクス・グラビティ・フィールド》を並べられて、割とつらい展開になりました。勝てたのはたまたまというか、なんというか…
ただ、そうなると今度は《闇の天使アポカリプス》の範囲内になるカードが多くなるので、今のところはあんまり気にしてません。
Posted by Fire at 2011年02月27日 23:51
優勝おめでたう!
Posted by ホルスの黒炎竜LV7.9 at 2011年03月01日 02:06
ありがたう!
Posted by Fire at 2011年03月01日 02:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/188094811

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。