2011年03月08日

【黒白プラチナ】(X-2限定構築)

twitterで【プラチナドラゴン】のレシピが欲しいとあったので投下
といっても、仮想敵として作ったレシピで、かなり構築が粗いですが……


ユニット 10枚
X-1 《調整体ノゼ》×2
X-1 《錯乱時計パニックヴォイス》×2
X-2 《幽魔タスヴィーリー》×3
X-2 《大陸アルドのサイクロプス》×3
ストラテジー 7枚
X-1 《絶対的終身雇用》×2
X-1 《失恋の痛み》×3
X-1 《因果律の抜け道》×2

ユニット 12枚
X-1 《シェカラート》×3
X-2 《ペイントマンクイーン》×3
X-2 《大陸アルドのケンタウロスナイト》×3
X-2 《プラチナドラゴン》×3
ベース 6枚
X-1 《ソーラービーム・サテライト》×3
X-1 《クリスタル・コロニー》×3
ストラテジー 5枚
X-2 《信頼の証》×3
X-2 《天使たちの歌声》×2

多分、このままの構築だと【フレアロード】と【白単ビート】に勝てない。
パワー勝負になると【フレアロード】の高パワーユニットに対して、投下ユニットのパワーが追いつかなくなってしまう。かといって、遅延系のデッキで《クリスタル・ストロングホールド》を入れるのもナンセンスですし。
【白単ビート】は唯一白に対して耐性がないのもそうですが、《忠実なる闘士フェンリル》&《タクティクス・グラビティ・フィールド》に弱いのも割と難点。一応、《シェカラート》と《ソーラービーム・サテライト》は入れてはいますが、《シェカラート》出すor引く頃には盤面が手遅れになってそうだし、《ソーラービーム・サテライト》はベースが弱い環境で投入したくないのが本音。けど、対《タクティクス・グラビティ・フィールド》の事を考えると投入せざるを得ないのが現状なんですよねぇ……

これらの事を考えると、【プラチナドラゴン】は意外と環境的に厳しいんじゃないだろうか、というのが個人的な意見です。ただ、それでも使う人は使うのがD-0の環境なんで、頭にはいれとかなきゃいけないんですが(笑
posted by Fire at 14:47| Comment(2) | TrackBack(0) | D-0デッキレシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 V限フレアには全然勝てますよ。
 プラチナ3も使わないんで1枚抜いて、浮いた禁呪で《闇の天使アポカリプス》を採用。
 フレアって速度は中速なので、《信頼の証》と《闇の天使アポカリプス》でぐだらせていけば7点は入りません。
 それでも向こうが必死に「スマッシュをいれてくれる」のですから9エネは余裕で溜まます。
 ポイントはプラチナが自軍に出ると弱いんで、いっそ投下して自ら除外すること。2点回復で引っ張り、その次のターン《大陸アルドのサイクロプス》でもう一度(今度は敵軍ないし中央へ)呼び出せば4回復かつ4ドロー。《信頼の証》がハンドに戻っているはずなのでほぼ負けないことが確定。また相手はプラチナを倒せないので勝ち確定とも言えます。

 ただフェンリル相手はスマ固めてくる上《タクティクス・グラビティ・フィールド》ありますし、白いので捌かれる。
 本当にきついでしょうね。そこが弱みでしょう。
Posted by 佐東ふじふじ at 2011年03月08日 15:13
ああ、そうか。《闇の天使アポカリプス》の事を忘れてました。
確かに、それを使えば【フレアロード】相手でも戦えますね。

となると、禁呪が浮くので《忠実なる闘士フェンリル》相手には《ケット・シー》が使えそうですね。《闇の天使アポカリプス》との併用がちょっと難しそうですけど。
Posted by Fire at 2011年03月08日 20:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/189585471

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。