2011年06月19日

【黒緑ドラゴン】

今回のデッキは、ぶっちゃけ未完成品です。理由は後ほど

ユニット
X-1 錯乱時計パニックヴォイス×2
X-2 闇の天使アポカリプス×2
X-1 闇を招く者ルーラ×2
X-2 幽魔タスヴィーリー×3
V-1 悪魔竜エキドナ×3
X-2 アイスドラゴン×1
X-2 プラチナドラゴン×1
V-1 スカラベマスター×3
W-3 神を討つ魔剣の勇者×2
X-2 スキップするフェアリー×2
W-3 新生獣V・ヴァナジオン×3
W-1 大巨人ウートガルザ・ロキ×2
ベース
V-1 精霊の迷い家×1
W-3 妖精の社交場×3
W-4 大巨人の盾×3
ストラテジー
X-1 失恋の痛み×3
X-2 肉屋の注文書×2
X-2 蠢く死者×2

チートドラゴン2種に《妖精の社交場》と《大巨人の盾》を入れたいがために組んだ構成。
最悪《悪魔竜エキドナ》からのぶんぶんが出来なくても、《幽魔タスヴィーリー》と《新生獣V・ヴァナジオン》の2種のリリースインで詰められるように構築してます。

で、この構築が未完成という理由をいくつか
それにこの構築はメタをほとんど意識してないです。このままだと《タクティクス・グラビティ・フィールド》に弱いので、《大巨人ウートガルザ・ロキ》を《変幻獣バブルドラゴン》に変更すべきかもしれないです。あと、《神を討つ魔剣の勇者》も今の環境だとあんまし強くないので、《ケット・シー》あたりに変えてみるほうがいいかもしんないです。
あとは、《妖精竜マンゴスティン》あたりも採用を検討すべきなのでしょうけど、持ってないので入れてません。まぁ、そもそも無限系のデッキじゃないので必要ないような気がしなくも無いですが。


…それにしても、《アイスドラゴン》と《プラチナドラゴン》は反則臭い。回り始めたら対抗策がほとんどないって、このカードゲームでやっていいことか?
posted by Fire at 16:29| Comment(0) | TrackBack(0) | D-0デッキレシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。