2011年07月19日

ps3版MTGやった。

一昨日ぐらいにMTGのデジタルゲーム版をやった。まだ体験版しかプレイしてないけど、これがなかなか素晴らしいクォリティー。
いわゆる構築済みデッキの詰め合わせで、とりあえずスターターだけで軽く遊びたい人向けのゲーム。けど、そのスターターも10個ぐらい用意されてて、さらにサイドボード(のようなもの)まで用意されてるから、ちょっぴりデッキを作る楽しみもあるっぽい。
対戦相手も10人ほど用意されてるし、同じ相手ばっかりで退屈するという事もないでしょう。また、クリアすれば、紙のサンプルデッキがカードショップでもらえるので、このゲームを買った金が紙に還元されます。これはカードゲーマーとしては大きい点。カードゲームのデジタルゲームをデジタルゲームの中だけで完結させたくはないんですよね。
とまぁ、まさに至りつくせりの内容。これで950円。
…あれ、なんでまだ購入してないのに、人にすすめようとしてるんだ?私。
いや、いずれは買うよ‼ そのお金で本をたっぷり買ったり、映画見に行ったりするかもしれないけど、いずれ買うよ‼(棒読み

んで、長年カードゲームやっておきながら、触れた事がなかったMTGですが、やっぱりシステムが完成されてますね。ルールはシンプルで入りやすいんだけど、攻守のバランスを考えないとあっという間に負ける。でも、たまに引きの悪さであっさり負ける事もある。長年支持され続けたゲームだけはありますね。
近年、構築の段階で勝敗の8割ぐらいが決まるカードゲームが増えてます(それが悪いわけじゃない)が、MTGはプレイングをちゃんと考えないといけないんで、構築がほぼ固定されたデッキだけでも十分遊べる感じがします。
…ただ、終盤に土地ばっかり引くのは、どうにかならんのか。ぶつぶつ。

最近、カードゲームが増えてきて、カードゲーマーである私としては可能な限り手を出したいと思ってる。
が、金は無尽蔵じゃないし、身内も全てのカードゲームに付き合ってくれるわけじゃない。実際、MTGやろうぜ!と身内に言ってみたけど、誰もやってくれなかった。
かといって、構築済みデッキを買って大会に参加しても、試合になるわけがない。もちろん、構築済みデッキ同士の大会もあるけど、発売直後しか開催されないから、機会を逃したらアウト。
そんな中、こういうゲームがリリースされるのはMTG未経験の身としてはありがたいハナシです。

話は変わる。
個人的にはD-0もこういうのが出たらいいのになぁ、と思ったけど、どう考えてもAIを作れっこないという結論に。
でも、構築済み固定のレギュレーションはあってもいいんじゃないかなーとは思ってます。デッキ構築力を抜きにして、純粋なプレイングのみで勝敗を決める。それこそ、使える駒はお互い固定の将棋のように。
…無理なのかなぁ。
posted by Fire at 23:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 多分日常ねた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/215650472

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。