2011年12月05日

【黒青時計ラルフ】

先月の昆布交流会の3rdセンチュリー限定戦で使わせていただいたデッキです。
…昆布交流会が終わって2週間以上経っている上に、今更3rdセンチュリーのデッキレシピを見ても全然役に立たないのは気にしない方向で

ユニット33枚
V-1 白骨時計ボーンスマイル×3
V-3 怨念の魔煙グラッジ×3
V-4 花魁の櫛×3
V-4 演技する人形ナオ×3
V-4 吸血童子×3
V-4 用心棒ラルフ×3
V-1 濃霧の魔氷フォッグ×3
V-2 震える時のコールドクロック×3
V-4 堕天使ムリエル×3
V-4 封じる時のフリーズクロック×3
V-2 凍える時のアイスクロック×3
ベース2枚
V-2 漆黒のコルドロン×2
ストラテジー5枚
V-1 冥王の号令×2
V-4 時空侵食×3

何のことはなく、敵軍エリアまでユニットを進めて《用心棒ラルフ》を墓地から出すだけの簡単なデッキです。
あと、デビルクロック/ブリザードの要素を多めにして《凍える時のアイスクロック》も出せるようにしてます。
…というか元々は時計デッキだったんですが、気がつけばただのラルフデッキになってましたw

で、従来の黒系のビートと比べて、結構《用心棒ラルフ》の依存度は高めにしてあります。
というのも、今回の3rdセンチュリー限定戦は《用心棒ラルフ》の天敵である除去や除外がそれほど多くないと思ったんです。今のX-2環境ほど墓地を参照するカードも無いので、除外ギミックを投入する意味があんまりありませんし、3rdセンチュリーにはまともな確定除去がありません。強いていうなら《真夜中のダンスパーティ》系統ですが、まぁドラゴンコントロールぐらいにしか入らないだろうと。
…という理由で依存度高めにしたのですが、私は《エックスデイ・ドラゴン》が除去時に除外するとは本番まで知らなかった…

あ、あと《鏡像の魔城》は入ってません。コントロール多くない環境ですし、そんなベース張ってる暇があるぐらいだったらユニットを並べたいのが私の考えです。
…が、その事を昆布交流会で言ったら、ほぼ全員に「それはねーよw」って突っ込まれました。
うーん、でも調整中は《鏡像の魔城》が強かった場面がほぼ無いんだよなぁ…

ちなみに結果は3勝1敗でした。決勝まで行ったんですが、千里夜行さんに負けてしまいました。
《ヒーロー征服作戦》で《用心棒ラルフ》を戻されてしまったのと、《女豹ダンサークロー》がとても強かった…
posted by Fire at 00:08| Comment(0) | TrackBack(0) | D-0デッキレシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/238690262

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。