2012年03月19日

【黒単除去コントロール(タッチアイス)】

先日の東海最強決定戦でAデッキとして使用したデッキです。
Bデッキは【赤青急襲】ですが、正直構築もプレイングもズタボロだったので割愛。
これと同じぐらい強いデッキ組まないとな……

ユニット 28枚
X-1 調整体ノゼ×2
X-1 ケット・シー×2
X-2 スパイク・ガールズ×2
X-2 墓堀公クローゼ×3
W-4 微睡む人形スージー×3
X-1 錯乱時計パニックヴォイス×3
X-2 愛撫の魔煙フェザー×2
X-2 闇の天使アポカリプス×2
X-2 幽魔タスヴィーリー×2
X-1 アルカード伯爵×2
V-1 悪魔竜エキドナ×3
X-2 ドラゴンゾンビ×1
X-2 アイスドラゴン×1
ストラテジー 12枚
X-2 時空歪曲×1
X-1 失恋の痛み×3
W-4 人形遣いの休息×3
X-1 ナイトメア・ウインク×2
X-1 絶対的終身雇用×1
X-2 肉屋の注文書×2


見てのとおりの《悪魔竜エキドナ》軸であり、私が一番やりたくなかった構築。一度【黒単除去コン】から離れるぐらいには。
理由は二つあって、単純に《アイスドラゴン》が嫌いだった事と、デッキ全体が重くなってしまう事です。

私は4〜6コスト前後のカードでチマチマアドバンテージを稼いでいくデッキが好きです。何でかっていうと、ビートダウンと当たってもコントロールと当たっても、同じぐらいのゲームスピードで争えるので、相手が動き始める前に殴りきる事も、コストの高いカードで一方的なゲーム展開をする事も起こりにくくなり、駆け引きが生まれます。2年前にこのデッキを組み始めた時から、そういう駆け引きを大事にしようと初心者なりに思っていました。
ですが、《アイスドラゴン》などの禁呪3ドラゴン達がその状況を変えてしまいました。あれらのカードが稼ぐアドバンテージにはもはや4〜6コスト域のカード群でどうにかなるレベルではありません。それでも何とかならないかと、白を混ぜて《タクティクス・グラビティ・フィールド》を入れたり、赤を混ぜて除外できる構築にもしてみましたが、全く勝ち目がない上に、今まで勝てていたデッキにも勝てなくなってしまいました。
で、結局は時代の流れに従う事にしました。もうD-0の大きな大会はそんなに行われないかもしれない。だったら、ある程度のこだわりは捨てて今あるカードプールを可能な限り使いこなし、全力で対戦相手にぶつかっていこう、と。実際、《アイスドラゴン》も《融解戦鬼灼熱王》や《機神兵カンノン》ほどぶっ壊れかといわれると疑うカードですし、対抗策はいくつか残されてはいますしね。嫌いなカードですけど。
とはいえ、配色は基本黒単です。自分のやりたい配色は最後まで貫き通します。


さて、構築の話に入ります。
各カードの解説は今更要らないと思うので、現在気になっている点と変更した点だけ解説。

《スパイク・ガールズ》
ビートダウン相手には《霧の浸食》よりも有効なカードだとわかったので投入。
手札を削りつつ、3000以下のカードを除去出来るのは強いです。ただ、結局3000なので《スカーレット・シャワー》などの除去や《精霊遣いアキロ》などのパンプにはご注意を
あとプランに見えた時に中央投下する事で相手のハンドを削れる点と《人形遣いの休息》に対応している点(まぁ、ほとんど出すことないですがw)もまる。

《墓堀公クローゼ》
現在、「要らないかな」と疑っているカード。
ボードアドバンテージは終盤の《アイスドラゴン》でどうにかなるようになりましたし、《切りつける人形ノエル》を外したため、2体ユニットを出しつつ相手のユニットを除去する動きが随分やりにくくなりました。
あとは、このカードの対応策が何だかんだで多くなったんですよね。墓地除外は《アイスドラゴン》の影響で増えましたし、【赤単】でさえ《光の勇者マキリ》で簡単に対応出来てしまうっていう。《アルカード伯爵》のループも《アイスドラゴン》の大量展開に比べたら全然ましですし
ただ、2年前からずーっと必須カードのように投入され続けたカードなんで結構愛着があるんですよね…。実際、まったく使えないカードというわけでもないですし。

《錯乱時計パニックヴォイス》
《アイスドラゴン》を初手で引く確率は12.5%で、無視できる確率ではありません。それを解決するために《錯乱時計パニックヴォイス》を3積みにしました。
ただ、それ以外での活躍は少ないので、そこまでして《アイスドラゴン》を入れるべきなのか少し悩んでいます。正直、それがなかったら、手札の枚数を稼げる《絶対的終身雇用》の方がこのデッキでは重宝します。手札がいつも限界ギリギリなので…

《幽魔タスヴィーリー》
最近、《ギガンティック・スカルドラゴン》に変えてしまおうかと、考えているカードです。
というのも、結局《アイスドラゴン》で0→7でゲームエンドにする事が多いので、リリースインの出番があんまりない。
あと、このデッキにとっては、6コスト以下除去はおまけ。有効に働くことがないとは言いませんが、6コスト以下を除去できたからゲームを決めれたと言い切れるゲームは少ない。
それだったら、対コントロールに有効な《ギガンティック・スカルドラゴン》に変えようかなと思っていますが、そう思う度にリリースインが活躍してゲームを決めるんですよね……。

《アイスドラゴン》
普通に強いカードですが、《アイスドラゴン》が一番良い選択肢だとは思っていません。実際、数週間前はこの枠が《プラチナドラゴン》でした。
何でかっていうと、こいつも結局墓地を利用するため、さらに墓地除外に弱くなってしまいます。
また、ユニットをいくら並べても《断裂の魔氷クレバス》や《ドラゴンゾンビ》があれば、一瞬で吹き飛びます。特にこのデッキの場合、《悪魔竜エキドナ》以外の2枚で強いカードが除外しにくいので、上記のカード達で盤面をリセットされてしまうと、それだけで《アイスドラゴン》で得たアドバンテージをすべて失ってしまいがちです。一応、そのために《アルカード伯爵》があるのですが、毎回そう都合よく墓地にあるとは限りません。
ただ、【黒単除去コン】に必要なのは7点スマッシュを決めるカードなので、現在の禁呪3ユニットで一番理想的に叶えてくれるのが《アイスドラゴン》だと思ってます。

《時空歪曲》
このカードは一旦外します。
《悪魔竜エキドナ》相手に有効に働いてくれる事もありますが、それよりも《絶対的終身雇用》で手札を増やす方が強そうですし、このカードじゃないと対応出来ないわけじゃないので。
…とはいえ、《産卵科病棟》や《悪魔竜エキドナ》に有効なカードではあるのでまた入れるかもしれませんがw

《絶対的終身雇用》
コスト帯が全体的に重くなり、あえてエネセットなしで手札をキープするプレイングが取れなくなったため投入。
プランに見えて2枚手札を増やすのは普通に強い。

《肉屋の注文書》
墓地orリムーブゾーンに送りたいカードが増えてきたので、《黒雲群団長ガープ》からチェンジ。
正直、それでも追いつかなくなってきたので、《黒雲群団長ガープ》か《肉屋の注文書》を追加しようかと思っているぐらい。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/258739805

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。