2012年10月21日

【黒単ディアボロス】

今週末には1.5弾環境も終わりなので、その前に作ったデッキを全て公開しようかなと。
…発売までに間に合えばいいね(遠い目

スタートカード:《骨牙犬ボーンキーパー》×1
《蠱惑の魔人ラスキウス》×4
《四足の勝利者ズィーガー》×3
《強振するスティングビート》×4
《残忍の魔人サエウム》×4
《憎しみの魔人オディウム》×4
《狂気の魔人ルナティクス》×3
《接合虚人ヒュージコープス》×3
《野蛮の魔人バルバルス》×4
IG枠
《漂うヘッドクラッシャー》×4
《不幸の魔人ミセリア》×4
《孤独の魔人ソリトゥス》×4
《名馬メリーゴーランド》×4
《骨蛇スケルタルヴァイパー》×2
《月影葬送牙》×2

割と典型的な(?)【黒単ディアボロス】です。別に宗教上の理由で【黒単】を組んだわけじゃありません。別に宗教上の理由で【黒単】を組んだわけじゃありません。
元々は、以前にブログに上げた【白黒バルバルス】だったのですが、公認大会に出る度に緑を絡めてデカブツを連打するデッキばっかりと当たるので、《尊大なる光壁》が全く機能しませず、白黒の配色だと割と限界でした。
まず、緑はリソース加速を行うため、4コスト以上のゼクスを連打することも容易く、それらを《尊大なる光壁》と《野蛮の魔人バルバルス》で守りきっていると、チャージも手札もジリ貧になっていくだけでした。もちろん、守ることは出来るのですが、返しのターンに致命的なアドバンテージ差を付けるには手札もチャージも足りません。そうしている内にリソースの枚数差でボコボコにされるので、かなりシンドイです。
というわけで、白黒の配色を諦めました。とはいえ、二弾には《幽鬼ブラックアーツ》や《暁のオーブ》、12月の構築済みには《清廉な思いフィエリテ》など、白黒の配色でも緑に対抗できそうなカードが多いので、それらが発売されたらまた一から組みなおそうと思ってます。

さて、【黒単】の話に戻します。まずはデッキコンセプトから。
このデッキは、序盤にダメージを与えた後、《野蛮の魔人バルバルス》でライフアドバンテージを維持し続けて勝つデッキです。前回の【白黒バルバルス】は《尊大なる光壁》と《誇りのフィエリテ》を使って、被ダメージ率を抑えて殴り勝つコンセプトでしたが、今回は序盤にダメージを与える事で《野蛮の魔人バルバルス》の耐久力を生かしています。
ボードアドバンテージと違い、一度付いたライフは二度と回復出来ません。また、D0やDMのようにドローやエネルギーブーストになることもありません。イグニッションの回数が2回増えたり、ライフリカバリーやヴォイドブリンガーのチャンスがあったりはしますが、いずれも運が良くない限り、ダメージを受けた代わりに永続的なアドバンテージを得たとはいい難いです。
なので、相手よりも先にダメージを与えることは、エネルギーブーストや追加ドローを行うのと同じぐらい永続的なアドバンテージを得ていると私は思ってます。そして、そのライフアドバンテージ差を元に戻すためにはダメージを与えるか、盤面を固めてひっくり返せないようにするしかありません。
が、それを《野蛮の魔人バルバルス》が許しません。《野蛮の魔人バルバルス》を突破しようとすれば、プレイヤースクエア脇を埋める事を諦めるぐらい展開しなければならないのですが、それが原因で返しのターンにダメージを受けてしまうのであれば、結局ライフアドバンテージ差を詰められません。かといって、プレイヤースクエア脇を埋めてこれ以上のダメージを受けない布陣にしようとすると、《野蛮の魔人バルバルス》がいつまでたっても突破できません。
とまぁ、そういう状況を作って、殴り勝つデッキです。

続いて、カードの解説でも。
構築自体はただのディアボロスデッキなので、細かいカードだけ。

《蠱惑の魔人ラスキウス》×4
このデッキの中核を成すカード。
3+2or2+2でチャージを増やしつつ、2体のゼクスを並べる動きが序盤に出来るとかなりチャージを貯めやすくなるので、同時にダメージを与える確率が上がります。そうやって、序盤にダメージを与える事が出来れば、《野蛮の魔人バルバルス》でライフアドバンテージを維持しやすくなります。
フリーカード版を使用していないのは、フリーの《蠱惑の魔人ラスキウス》2枚では4500すら倒せないのと3コスト域を削りたくなかったため。3500+《蠱惑の魔人ラスキウス》の組み合わせだけではなく、2枚の《蠱惑の魔人ラスキウス》でも倒せるようになれば、先ほど述べた動きの確率が増します。あと、3コスト域を削ると結局3+2がやりづらくなってしまうため、本末転倒です。

《接合虚人ヒュージコープス》×3
《高潔の金剛杵 木蓮》も《野蛮の魔人バルバルス》も9000なので、だったらそれを上回る9500は強いよねという理由で投入。
フィニッシャーが《野蛮の魔人バルバルス》と《四足の勝利者ズィーガー》だけだと少し心もとないですし。

《骨蛇スケルタルヴァイパー》×2
《蠱惑の魔人ラスキウス》だけではチャージブーストが足りないので、投入。
2ターン目or3ターン目にゼクスを2体並べつつ、チャージを増やす動きが出来るか出来ないかで、序盤にダメージを与えられる確率が全然違います。
ただ、あまり増やしすぎると、5000バニラを倒したい時にオーバードライブしてしまう事もあるため、2枚。終盤は2体のゼクスで波状攻撃している暇がそんなにないです。

《月影葬送牙》×2
イベントはなるべく入れたくなかったのですが、白のイベントや緑のリソースブーストなどで、盤面を固められてしまいそうになる事は何度かあったので2枚だけ投入。3枚積むかどうかも考えましたが、結局1.5弾環境のうちに決めることは出来ませんでした。
posted by Fire at 19:46| Comment(0) | TrackBack(0) | Z/X | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/298425711

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。