2013年03月27日

《滅獄波ドゥームブラスト》

非常に自分好みなカードが登場したので、久々にカード考察

《滅獄波ドゥームブラスト》
色:黒 種別:イベント 使用コスト:黒7 アイコン:なし レアリティー:R
効果:
●ノーマルスクエアにあるゼクスを好きな枚数選び、破壊する。


簡潔に述べると相手の盤面構築ゲームを一気になかった事に出来てしまえるカードですね。割と除去スキーな人間からみると、非常に可能性を感じさせてくれる一枚です。


今までは敵軍エリアにパワーが高めのゼクスを複数体並べられると、どうにもなりませんでした。1弾までの環境であれば、そこまで一気に高コストゼクスを並べられる心配はなかったのですが、2弾以降は1ターンでパワーが高いゼクスを複数体並べられるようになったので、あっというに盤面を構築されてしまいました。おそらく、「《魅惑の七支刀 月下香》を複数体並べられて、処理できずに負けた」という経験は皆さんあると思いますw
また、一方のライフを取りに行く側が取れるアプローチは非常に限られており、「速攻気味に攻めて、盤面を構築される前に叩く」ぐらいしか選択肢がありません。「相手の盤面構築をイベントや能力で妨害しながらビートダウンする」という選択肢が個人的な理想なのですが、ほとんどのデッキがその選択肢がないのが現状でしょう。それが出来ているのは赤ぐらいだと思います。私は黒で頑張ってますが、正直シンドいです(苦笑
しかし、《滅獄波ドゥームブラスト》があれば、そういった事情も変わるでしょう。相手が2〜3ターンかけて盤面を構築し、こちらのイグニッションの人権を奪った上で一方的にビートダウンしようとしても、その盤面は《滅獄波ドゥームブラスト》で一気になかった事に出来てしまえます。そうなってくると、相手は盤面構築のためにこちらのライフを削る機会を失っているので、ダメージレース的にこちらが有利になってきます。
ただ、問題はやはりコストですね。この重さだと、プレイしたターンはこれ以上動く事が出来なくなるので、こちらもゼクスを並べる機会を失う事になります。そうなってくると、ゼクスを並べる方法はイグニッション頼みになると思うので、チャージを追加するなり、エヴォルシードでゼクスを裏口入門させるカードを使うなどの工夫が必要になってくるでしょう。《八大龍王 徳叉迦》や《面倒見の良いサイベリアン》などの起動能力と併用するのも面白いかもしれませんね。
あと、私はこのカードはどちらかと言えばやや中速よりのカードだと思ってます。おそらく、緑が入ってしまうと《滅獄竜デスティニーベイン》と枠を争う事になって、《滅獄波ドゥームブラスト》の方が抜けていってしまうのではないでしょうか。遅めのデッキになればなるほど、除去したいゼクスは3コスト以下のゼクスになっていくはずなので。

まだ、相手ターンに打っていいカードなのか。デッキに何枚程度入れるのがベストなのか。採用に値するほどのカードパワーを持つカードなのか。その辺りがよくイメージ出来ませんが、そこは発売後の楽しみにしておきましょう。いやあ、4弾楽しみですなぁ。
posted by Fire at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) | Z/X | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/353027084

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。