2013年06月06日

【黒単滅獄竜】

《滅獄竜デスティニーベイン》と《滅獄波ドゥームブラスト》が合わさって、最強に見える……はずだった(

プレイヤーカード:《上柚木綾瀬》
スタートカード:《骨牙犬ボーンキーパー》×1
《蠱惑の魔人ラスキウス》×3
《強振するスティングビート》×3
《四足の勝利者ズィーガー》×3
《突撃騎兵カヴァレリスト》×3
《骨鮫スケルタルシャーク》×4
《月夜の魔姫クイーンカグヤ》×3
《接合虚人ヒュージコープス》×2
《滅獄竜デスティニーベイン》×4
《ミッドナイト・エンペラー》×2
《滅獄波ドゥームストーム》×2
IG枠
《必倒の槍シュペーア》×2
《黒の盗人ロイバー》×4
《幽鬼トワイライトアッシュ》×2
《一撃の刃クリンゲ》×4
《骨騎士スケルタルナイト》×4
《かぼちゃお化けのジャックランタン》×4


「貯めたチャージでゼクスをプレイしつつ、あまったリソースで《滅獄波ドゥームブラスト》を構えてぶっぱする」or「前のターンにバニラをプレイヤースクエアに生き残らせた後、《滅獄波ドゥームブラスト》ぶっぱ」「滅獄竜を何度も叩きつけて、相手のチャージの人権を粉々にする」というコンセプトで作られた電波デッキ。
試運転&一人回しをしていると意外と動いたので、思い切ってこのデッキでミサキ杯に出てみたのですが、案の定3勝3敗(内一つは不戦勝)とボコボコにされました。さすがに甘くはないですね……。
…いやー、でも、《滅獄波ドゥームブラスト》はそれなりに強かった。どれだけ、高パワー高コストのゼクスを並べたとしても一掃出来るので、コントロール勝負になったらまず負けないのが心強い。あと、最悪5〜6枚目の《滅獄竜デスティニーベイン》としても使えるのもいいです。
ただ、問題は4弾環境のZ/Xは除去>展開力な感じになっていて、コントロール勝負になることなんてまずないという点ですね…。残念ながら、今の環境ではほぼ必要ないでしょう。今はビートダウン環境なんで、トラッシュ回収系のカードで何度も《滅獄竜デスティニーベイン》を回収するなり、《イヴィルベイン ケイトゥー》を追加で投入するなりしたほうが強いです。
しかし、展開力が除去力を上回ると一気に光るカードになると今でも思ってます。実際、《緑の竜の巫女》なんてカードも発表されましたし、この構図が逆転する可能性は十分あるでしょう。

で、今後の構築方針ですが、とりあえず、《滅獄竜ドゥームブラスト》は外します(
で、《七大罪 色魔の魔人ルクスリア》でチャージの起動型能力で絶える形か、白を混ぜて《イヴィルベイン ケイトゥー》でさらにプレイヤースクエアを固くするか、それとも、赤を混ぜて完全にビートダウンにしちゃうか、ちょっと決めかねてます。
あと10500が無いとしんどいんで《黒剣カースドソウル》は結局入りそうですね。トラッシュを間接的に増やすパーツに重点を置いていないので、以前の【黒単中速】と比べて20枚に達する速度が遅いんですが、ビートダウン寄りの構築をする気はないんで、多少達成が遅れても問題ない気はしています。
posted by Fire at 00:29| Comment(0) | TrackBack(0) | Z/X | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。