2013年10月20日

【黒単デッドエンドコントロール】

最近、あんまり戦績がよろしくない上に、調整しきれていない部分がいくつか存在するのですが、もうすぐ6弾環境なのでレシピ公開。
…キーカードが6弾のカードであるデッキを5弾〜日本一環境の締めくくりとして公開する矛盾。

プレイヤーカード:《上柚木綾瀬》
B02 R 《復讐の魔人ウルティオー》×1
B02 C 《支配の魔人イムペリウム》×4
B05 R 《残忍の魔人サエウム》×4
E02 SR 《容赦のない悪魔エトナ》×3
B02 SR 《黒剣カースドソウル》×3
F11 F 《執行者エクスクオル》×2
B05 UC 《幽鬼エボニークラウン》×2
C02 SR 《漆黒の刃ズィーガー》×2
B03 SR 《滅獄竜デスティニーベイン》×4
B01 UC 《冥司祭スケルタルビショップ》×1
F11 F 《デッドエンドダーツ》×4
IG枠
B03 R 《幽鬼トワイライトアッシュ》×2
B01 R 《不幸の魔人ミセリア》×4
E01 R 《孤独の魔人ソリトゥス》×4
B05 R 《美食の魔人エピュラム》×3
F11 F 《石の魔人ラピス》×4
B01 R 《月影葬送牙》×2
B05 R 《渇望》×1



基本コンセプト
《デッドエンドダーツ》をメインに組んだコントロールデッキ。
「《滅獄竜デスティニーベイン》や《漆黒の刃ズィーガー》をPSに立たせたまま、《デッドエンドダーツ》を構えられたら、そりゃ強いよね」という理論で組んでいます。
《デッドエンドダーツ》は確定除去ですが、複数の軽コストのゼクスを展開されると対応出来ません。《滅獄竜デスティニーベイン》は軽コストのゼクスに対応できるけど、コストの大きいゼクスには対応出来ません。なので、この2種を合わせる事で、お互いの弱点を補いあって、PSをより強固に出来ます。
PSを強固にしたあとは、ヴォイドブリンガーや自分の山札に気をつけながら、相手のプレイヤースクエアを地道に一点ずつ殴っていけば、こちらの勝ちです。

各カード解説
《復讐の魔人ウルティオー》×1
現在は《アイスを食べるエトナ》に変更しています。ビートダウンを止めると言う目的もありますが、《覚醒天使ピュアフロン》と《剣帝神器サイクロトロン》対策でもあります。
この2種がデッキに投入されている事が確定すると、終盤に《デッドエンドダーツ》と《滅獄竜デスティニーベイン》で封殺すると言うプレイングが取れなくなってしまいます。そうなると、終盤にライフを一点もぎ取られるのが確定なので、序盤〜中盤でライフを守るためのカードが必要になります。そのカードが《アイスを食べるエトナ》です。
もちろん、イベントや《滅獄竜デスティニーベイン》で手札を消耗したあとに《復讐の魔人ウルティオー》が欲しくはなります。ですが、そもそも《アイスを食べるエトナ》でライフを守っていれば手札を切る必要がなかった、というケースは結構ありました。

《支配の魔人イムペリウム》×4
盤面に複数のバニラを生き残らせる事に成功すれば、あとは《デッドエンドダーツでダメージレースが逆転する事を回避しながら、ゆっくり攻めるといういわゆるバニラビートの流れも組んでいるため、4枚投入。先行2ターン目に着地させて、相手を一気に押し切りましょう。
また、4コストバニラは先行2ターン目にしか機能しないと思われがちですが、デッドエンドダーツがあるため、4ターン目にも機能するカードになっています。このカードをプレイヤースクエアに置きながら、《デッドエンドダーツ》を構えると、相手は確実に4コスト以上のゼクスで攻撃してきます。そこに《デッドエンドダーツ》をあわせれば、バニラを一体生き残らせる事が出来ます。

《残忍の魔人サエウム》×4
後攻2ターン目の一手。
後に控える《漆黒の刃ズィーガー》や《滅獄竜デスティニーベイン》や《デッドエンドダーツ》は、これを突破するための有効牌が少ないカードです。なので、相手は当然これらを突破するためのカードを2ターン目の内から握っておくでしょう。ですが、《残忍の魔人サエウム》によるハンデスがそれを許しません。
ここで、手札を一枚にしておけば、手札に握れるカードは次のターンにプレイするカードのみであり、《漆黒の刃ズィーガー》や《滅獄竜デスティニーベイン》を突破するためのカードを握る余裕がありません。そうやって、相手の手を詰まらせれば、あとはコントロール仕切れるでしょう。
また、対コントロールデッキとの試合になったとき、お互いのプレイヤースクエアは強固で、手札にも相手の攻撃をしのぐためのイベントがある。という消耗戦になっていきます。そこで、ハンデスをして、イベントを構える余裕を奪いに行きます。
ただ、場合によっては、そのままゼクスが生き残っているほうが有利な場合もなくはないので、その辺は臨機応変に行きましょう。

《黒剣カースドソウル》×3
このカード以外に10500ラインで攻撃できるゼクスがいない………という名目を利用した個人的な信仰で入れているカード。
とはいえ、終盤にライフを詰めに行くときに、6〜7コストのゼクスではイベントを構えられなかったり、追加のゼクスがプレイできなかったりします。なので、投入理由が全く存在しないカードと言うわけではありません。

《容赦のない悪魔エトナ》×3
大量展開が得意なコントロールを相手にしたとき、《デッドエンドダーツ》だけでは確定除去が足りず、手札の枚数が追いつかない事がわかったので、日本一EXの発売と同時に投入したカード。
やはり、普通に1:2交換が強いですね。確定除去をしながら、手札を温存しつつ、相手のプレイヤースクエアも殴る、と対コントロールデッキにおいて、かなり理想的な動きが出来ます。
《匣の魔人フェレス》はコントロールデッキだと、普通に2コストを立てている事が多いので不採用。《魔狼の覇者ヘルシャー》は手札コスト1枚が重いので不採用。

《執行者エクスクオル》×2
相手に《剣帝神器サイクロトロン》や《覚醒天使ピュアフロン》プレイを促すためのカード。
相手のデッキに9500オーバーのゼクスがそれほど入っていない場合、このカードに対してこれらのカードを使わざるを得ません。そうやって、先出しさせておいてから、《滅獄竜デスティニーベイン》や《漆黒の刃ズィーガー》に繋げます。

《幽鬼エボニークラウン》×2
白1立っている相手や《剣帝神器サイクロトロン》、その他もろもろを突破するための秘密兵器。
コントロールデッキといえど、PSをガチガチに固めればゲームに勝てるわけではありません。むしろ、PSの固めあいの試合展開になると、先にPSが崩れた方が負けです。なので、PSを突破するためのカードは必要です。

《漆黒の刃ズィーガー》×2
相手の手札から、《滅獄竜デスティニーベイン》を突破するためのカードを削るカード。《執行者エクスクオル》だけでは、ビートダウンの猛攻に対応出来ない場合があるので、このカードにも活躍してもらいます。
また、対戦相手によっては、《滅獄竜デスティニーベイン》よりもこのカードの方がぶっ刺さることとがたまにある(相手のデッキに6コスト9000オーバーの枚数が少ないなど)ので、そうなりそうであれば、こちらをメインにコントロールしていきましょう。

《滅獄竜デスティニーベイン》×4
ビートダウンを封殺するためのキーパーツ。
一時期は《アイスを食べるエトナ》がいるから、枚数を減らせるのではないかと思っていましたが、そんな事はありませんでした。そもそも、このカードを引かないとビートダウン相手に試合になりませんし、《デッドエンドダーツ》だけでは守りきれません。また、1枚は突破されるのが当たり前なので、2〜3枚目の《滅獄竜デスティニーベイン》を即座にプレイする必要があります。
もっとも、6弾で新たな起動能力持ちゼクスが登場すれば、事情が変わってくるかもしれませんが、「コスト3以下のゼクス」を「相手ターンに起動能力で」「全て除去する」「7コスト」のゼクスは、そう簡単に出ない気がしています。

《冥司祭スケルタルビショップ》×1
《滅獄竜デスティニーベイン》で手札を減らし、《デッドエンドダーツ》でも手札を減らす上に、リソースは出来れば9枚ぐらいは欲しいというわがままな構築なので、手札補充としてこのカードを採用しています。
《七大罪 強欲の魔人アワリティア》でない理由は、ビートダウン相手にプレイする暇がないためです。ビートダウン相手に《デッドエンドダーツ》の守りを一度切って、ゼクスを一体サクる余裕はどこにもありません。
また、《黒剣カースドソウル》と《容赦のない悪魔エトナ》は終盤にこそ輝くカードなので、5コスト以下という点はほとんど気になりません。

《デッドエンドダーツ》×4
ここまでで、このカードの役割をほぼ説明しきったと思うので割愛。
2コスト確定除去イベント、普通に強いです。

《幽鬼トワイライトアッシュ》×2
5000を増やすよりは、5500を増やす方がいいという信仰的な理由で投入。
このデッキは展開力がさほどないうえにパワーラインもそんなに高くないので、IGである程度盤面を制圧する必要があります。そのためには、条件つきで5500になるゼクスが必要です。
ただ、ビートダウンじゃないんで、3コストゼクスを生き残らせるのに、そんなに躍起になる必要がない気はします。一番怪しい枠ですね。

《不幸の魔人ミセリア》×4
《孤独の魔人ソリトゥス》×4
《美食の魔人エピュラム》×3
割愛。

《石の魔人ラピス》×4
明らかにトワイライトアッシュよりも達成速度が速い5500。
さすがに優先順位はこちらが上です。

《月影葬送牙》×2
イベントが《デッドエンドダーツ》だけでは足りないため、投入。
4コストが重いと感じるかもしれませんが、意外と構えられるターンは存在します。バニラビートの理論で組んでいるので、そもそもゼクスは生き残りやすいですし、《デッドエンドダーツ》を前のターンに使っていると大体ゼクスは生き残りやすいです。
なので、引いてしまったからといって、即リソース送りにせず、プレイするタイミングが存在するかを冷静に考えてみましょう。
…結構長い期間、何故か投入されていなかったのは内緒。

《渇望》×1
《がんばるフロン》対策として、HSランブル途中に急遽投入した秘密兵器。これがあれば、《ピースするフロン》ごと、《がんばるフロン》を薙ぎ払えます。
また、3ターン目のアクションが弱くなりがちなので、枚数を2枚に増やしてもいいかなという気がしています。3ターン目に相手のIGゼクスごと全部薙ぎ払えるのは強そうですし。ただ、投入してから、あまり回していないので、よくわかりませんね。
posted by Fire at 23:16| Comment(0) | TrackBack(0) | Z/X | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/378080962

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。