2015年03月16日

FixerSの黒のカード考察

FixerSが頒布が開始されたので、FixerSの新規の黒のカードを一枚ずつ考察していこうかなと思います。
詳しい情報やカードテキストなどは、FixerS公式サイト「http://fixers.d-0.jp/」やD-0企画委員会Webサイト「http://d-0.jp/」を参照してください。

ウルスラザ・グリーナー
手札を犠牲にする2コストパワー5000スマッシュ1
自分にハンデスする事を度外視すれば、2コスト域として破格のスペックであり、こんなカードが2ターン目に出てきたら悶絶する事は間違いない。
ただ、中央投下を前提に使用するには手札-1が重過ぎるため、基本的に攻めるカードとして使うのがよさそう。

ミナライ≠`=オバナ
《器壊姫≠ツぶて》との選択。
黒は全体的にパワーがそんなに高くないので、他のユニットのパワーを支援する事を考えるのであれば、こちらを優先すべきか。

器壊姫≠ツぶて
スマッシュに勝っていれば、同じスクエアのユニットのパワーが-4000となり、ビートダウンデッキでの対応は非常に厳しいものとなる事は間違いない。
ウィニー系デッキならスマッシュ先行することは出来るだろうが、それでも-2000であり、パワーが全体的に低いウィニーデッキにはなおの事刺さる。
ただ、《レディ・ララバイ》と違って、同じスクエア限定であるため、《漆黒のコルドロン》で移動コストを軽減させて積極的にバトルを仕掛けにいく必要がありそうである。

ランジン≠k=ホウセン
《祭儀の踊り子リムセ》サイクルの黒。
スクエアに置かれる度にユニットを破壊していくため、守りから攻めへの切りかえしが非常にやりやすく、急襲系デッキの弱点である『ユニットを大量展開された時に対応しづらい』という問題点を単体で解決させてしまっている。
ただし、パンプの条件が他のサイクルと比べてやや厳しく、単純な性能を比べると「スクエアに置かれた時の能力>パンプ条件を満たしやすさ」となっているため、《祭儀の踊り子リムセ》や《醸造承認プラヴァ・ビル》とはまた違う運用の仕方が求められるのではないだろうか。

リリーテザ・ヴェノム
決して弱くはないが、何を破壊するのかが問題。
《忠実なる闘士フェンリル》や《ケット・シー》のように、このカードで対応するにはコストが軽い禁呪ユニットもあり、また当然ながら通常ユニットに対しては無力であるため、考えなしで入れていると腐りやすい。
どちらかといえば、サイドボード要員のカードだろうか?

トリヴィシアザ・ラウンダー
条件を満たせば、3コストパワー7000スマッシュ2と、破格のスペックと化す。
ただし、それを行うには「自分のユニットを展開すること」と「相手のユニットに対応すること」に同一のタイミングでエネルギーを費やさなければならないため、状況をよく見定めていないとどっちつかずの展開になってしまいかねない。採用する際にも、そのようなタイミングが何処で生じうるかを有る程度シミュレートしておく必要はあるだろう。
恐らく、《ランジン≠k=ホウセン》と相性が良い。《ランジン≠k=ホウセン》での除去は意外と容易いため、《トリヴィシアザ・ラウンダー=tを誘発しやすい。その上、《トリヴィシアザ・ラウンダー=tが出る事で、《ランジン≠k=ホウセン》のパンプ条件も満たしやすくなる。

此岸橋
《黄泉返りの呪法》の破棄型ベース。
破棄型ベースであるだけでプレイの選択肢が十分増えているのだが、このカードの場合は回収するカードをさらに次のターン以降の展開に繋げていく事が可能なため、見た目以上にプレイングの選択肢を増やしているカードであるように感じる。個人的には、補給よりの構築でなくとも採用に値するカードに見えるが、さすがに補給デッキでなければ厳しいだろうか。

彼誰の谷底
露骨なフレアロード対策。
こんなカードを張られてしまうと、《ライトニングホーン・ドラゴン》ぐらいでしか対応出来ないため、フレアロードは悶絶する事間違いなし。
一応、+1000もついているため、構築によってはメインから入れてもそこまで支障は出ないように感じる。

善悪の選択
ついに出てしまった対象を取らない除去ストラテジー
《人形遣いの休息》や《レディ・アルストロメリア》のような特殊な条件を一切挟まないため、対象を取らない除去の中では一番使い勝手が良いように見える。
《善悪の選択》にスタックでユニットを追加されたり、複数体のユニットが並んでいる時には無力だが、その辺りはプレイングで十分カバー可能な範囲内だろう。

甘き死の時
FixerSの黒のカードの中で頭一つ抜けている「ただつよカード」
ウィニー系のデッキを作るのであれば、4コスト以上のカードを何か採用しないと、このカード1枚でゲームに勝てなくなる。
隊列召喚や覚醒などで展開できれば良いのだが、《人形遣いの休息》でコストが下がっていると、それですら適応範囲内に入りかねない。
ただ、ファッティには全く刺さらないカードであるため、複数枚採用できるカードでもない事もまた事実。


総評
個人的には既存の【黒単除去コントロール】に入るカードが実は少ないように感じました。それはFixerSの黒が弱いという意味ではなく、【黒単除去コントロール】のコンセプトとかみ合うカードが少ないという意味です。その一方で、《甘き死の時》だけは桁違いに強いので、このカードを入れるために【黒単除去コントロール】の構築を全体的に見直す必要がありそうです。
あとは、《ランジン≠k=ホウセン》に大きな可能性を感じるので、全く新しい黒のデッキを構築してみるのも面白そうです。
posted by Fire at 19:47| Comment(0) | TrackBack(0) | D-0考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月09日

【黒単コントロール】(X限定構築)でのX-1の黒

まずは、3週間ほどブログ更新してなくて申し訳なかったです…
色々理由はあるのですが、なにを言っても言い訳にしかならないので、やめておきます。


で、とりあえず長い間続けてきたコラムについて
正直、概念についてのコラムを書き続けることに限界を感じ始めてます。
というのも、環境こそ変わりはしますが、ディメンション・ゼロで基本的に気をつけなければならないことは大して変わらないので、すぐネタ切れしまいまいまして…
とはいえ、まだまだディメンション・ゼロについて語る部分はあると思うので月1ぐらいで更新はしていきたいと思ってます。



さて、本題。
X限定構築の【黒単コントロール】の構築を再考するため、使用可能な黒のカードを全て考察し、自分用に書き貯めていたのですが、それを公開します。参考にしていただければ
ただ、一気に書くと長くなりすぎるので、まずはX-1の黒について。


続きを読む
posted by Fire at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | D-0考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月11日

【黒単】視点のV-1環境

まずは、Johnさんの記事をご覧下さい。
「V-1環境について」
http://9union.blog47.fc2.com/blog-entry-25.html
この問いかけについて、私なりの返答をしようと思います

※はじめに
私はこの問いかけに対して【黒単】の視点でしか語ることが出来ません。
私のブログを読んで頂いている方はご存知だとは思いますが、V-1が発売されてからV-1環境(限定ではなく)では【黒単除去コントロール】をずーっとメインデッキにしていて、他のデッキはほとんど使いませんでした。
なので、かなり偏った意見になってしまいますが、ご了承くださいませ。続きを読む
posted by Fire at 02:35| Comment(0) | TrackBack(0) | D-0考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月09日

アビスロードを再考察してみる。

種族アビスロードのカードを1枚ずつ考察してみる。
《ハデス》が登場した事で、カードパワーが引き上げられたカードもあるので、前環境での常識は通用しない。
だったら、考察しなおす必要があるよねっていう。

続きを読む
posted by Fire at 00:03| Comment(0) | TrackBack(0) | D-0考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月25日

V-2 再録カード考察

2chに再録カードのリストが上がっていたのでそれの考察でも
…まぁデマって可能性はあるけど、D-0板でそんな事する奴はいないと信じる。

続きを読む
posted by Fire at 14:24| Comment(0) | TrackBack(0) | D-0考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月23日

V-2 新カード考察 黒

…さて、すっかり出遅れてしまった感じがありますが、専門色である黒だけでも考察しようかなぁと
カードテキストはさすがにパス

続きを読む
posted by Fire at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | D-0考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月05日

日本選手権10秋考察

日本選手権10秋の環境考察。
まだ、本格始動して1ヶ月弱しか経っていないので、気が早いかもしれませんが

続きを読む
posted by Fire at 01:49| Comment(0) | TrackBack(0) | D-0考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月12日

V-1グランプリ環境考察

とりあえず、メモ代わりに箇条書き
だって、ちゃんとした文章より書きやすいんだもん
この記事はちょくちょく追記する予定。ツイッターのように


全体の環境
・コントロール側
→基本クレバスぐらいしか、コントロールできるカードがない。
 →ルーラは無理。この条件で蘇生するに値するカードは結局クレバスぐらい
→ダイアストロフィズム・ドラゴン+竜皇帝アルィンドのは未知数。
 →フェンリルを早めに潰す手段に乏しい希ガス。
  →プラズマ・スナップがハマればなんとかなる…か?
   →でも、あのデッキって赤単での構築厳しい希ガス。となるとプラズマ・スナップ入らない
→クレバスコンはいわずもがな
 →強いて言うならば、電脳魔方陣がなくなってしまったせいで攻め手が7コストリリースインにしか頼れないのが痛い。
 →ただ、V-1環境で気にすることでもなさそう

白単ビート
・良くも悪くもフェンリル頼み
 →なら、フェンリルを早く除去してしまえば詰む可能性大
  →対処策プラズマ・スナップ系統。2コストでフェンリルを潰す構えができるのは強い。
   →これに対して、ボーイ・ミーツ・ガールは無理。フェンリルを場に出しつつ、ボーイ・ミーツ・ガールの構えをするには5コスト必要。けど、5ターンまでフェンリル出さないとか、いくらなんでも遅すぎる。
    →やるとしたら、かなり遅めの白単になる…か?
     →中速白単にフェンリル?
   →サイバー・ワールドならなんとかなるかも?
    →でも、フェンリルの為だけにサイバー・ワールド入れるってどうよ?
     →ライン限定の対応入れるぐらいならユニット増やしたいよねっていう。

赤緑
・おそらく、今の赤緑の展開力はD-0史上最速。
 →ただし、ラッパ・ドリアードのような反則級のサポートがあるわけでもないので、滅茶苦茶対策されやすい。
  →逆にいえば、意識していなかったら、瞬殺される。
・白単以上に多すぎる天敵に対処しきれるのだろうか?
 →どこまで対処しきれるかは未知数。
  →クレバス以外に、終盤からボードアドをひっくり返すカードがあるかないか
   →候補、幽魔タスヴィーリー、ダイアストロフィズムドラゴン、竜皇帝アルィンド
  →クレバスが出るまでに致命的なスマッシュを与えられたらあるいは……?

赤系ドラゴン
竜皇帝アルィンド+ダイアストロフィズム・ドラゴン
・ユニットを大量に並べるビート環境で盤面リセットが弱いはずは無いだろうと
・キーカード考察
 →アルィンドは正直わからない。確かにリセット強いけど、8エネルギーたまるまで絶えるのもしんどいのに、9とか大丈夫なんだろうか?
  →重さ云々の考察は他の人に任せる。正直、私にはとてもしのぎ切れるとは思えない。それを難なくやる人がプロのD-0プレイヤーなんだろうなぁ
 →ダイアストロフィズムはウィニー相手だとしんどそう。8コストも払って2コストユニット2体しか処理できないとかザラな気がする。
posted by Fire at 15:02| Comment(0) | TrackBack(0) | D-0考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月07日

具現化する影を使ってみたい

タイトルの通り

何で使いたいのかっていうと、これで衝撃系(V-1で出た暗黒の衝撃や深紅の衝撃など)を回収出来るからです。
それこそ、愛撫の魔煙フェザーで冥界の門を回収するように(もっとも、私は本格的に始めたのがW-1からなので伝聞情報ですが)
なら、別に回収するためのカードが具現化する影になっても、そこそこの動きは出来るんじゃないかなーと(多分)

あ、一応知らない方もいるかもしれないので、補足しておきましょうか。
衝撃系の使用コストは、色指定1に無のコストXですが、これは墓地では使用コスト1のカードとして扱います。
何でかって言うと、ディメンション・ゼロで使われる変数が、特に定義されていない場合、X=0として扱われるからです。
以下、総合ルールより抜粋
2. ユニットのパワーやスマッシュ、ダメージの総量などがマイ
ナスの数値になった場合、その数値が変更される時以外は0とし
て扱います。その数値が変更される時には、マイナスになった数
値を元に計算します。定義することができない変数は0として扱
います。

以上、抜粋
まぁなので、具現化する影で回収は可能。


で、問題はバトルに勝たなきゃいけないという事。
これ、たやすい条件じゃない。
パワー勝負するデッキならば、最低でも常時9000は超えておかないと厳しいです。
大巨人の盾、マントルを漂う遺跡、フレアロードなどと、パワー高いユニットはとことんまで高いですからこういうデッキに当たった途端に捻りつぶされる。
毎回毎回、除去ソース使うわけにもいきませんし。

というわけで、次にどうやってバトルに勝つかを軽く考えてみる
矢印はスペース前の思考順序。
・フレアロード
→墓地にストラテジーは置きたくない。除外したい
 →一応結合だから、墓地には置かない。
  →それでも、回収するカードは墓地に置いとかなきゃならない
→そもそも、深紅の衝撃使いまわしておいしいか?
 →フレアロードはスマッシュ力不足だから、それなりの動きはしそう
→暗黒の衝撃を使い回す
 →トップフレアロードじゃなくなりました。先生
  →ならば、場のフレアロードを墓地に送って……
   →場のユニットの数を増やしづらいフレアロードで、自ら減らしてどうするんですか
    →オワタポン
・大巨人の盾
→使い回すとしたらとしたら深緑の衝撃
 →それで出すカードはレディ・スネアか大巨人バックス?
  →囚われの貴婦人があると便利かも?
  →レディ・スネアがあれば、取られたボードアドをひっくり返せそう。
 →深緑の衝撃使いまわすなら、バトルゾーンからエネルギーゾーンに送りたいね
  →普通なら大地の塔だけど、赤を混ぜれるならティルナノーグの採用圏内?そちらの方がバトルに勝ちやすいし
   →今の高速環境で4コストも払っている暇があるか?
    →そもそも使い回す機会は相手がコントロールのときのみな希ガス。ビート相手ならスネアだしただけで詰みになる可能性も
     →使い回す機会絞るとか本末転倒だけど気にしない
    →シークレット・ベース………
→大巨人の盾は5コスト以上
 →ヴァナジオン、ウートガルザ・ロキ、ビフロンスとか?


うーん、黒緑が一番現実的なのかしら?



とまぁ、今回はデッキ構築する際の思考を書いてみた。
ブログ内容のプランも立てないまま、思ったことをメモ帳に殴り書きするように書いただけなので、相当読みにくいかもしれませんが、ご了承を…
でも、たまにはこういうのも良いよね(多分)

デッキレシピは明日には本気を出す。
posted by Fire at 12:50| Comment(4) | TrackBack(0) | D-0考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月21日

V-1環境での黒の事情

日記を書く前に一つ告知
スターロードのデッキレシピについてですが、ちょっと公開前に一度回したいので、書くのはその後にしようかなと思ってます。
具体的な日にちは5/23前後


さて、1ヶ月近く黒いデッキを回し続けて色々思った事を私の主観で書いてみます

続きを読む
posted by Fire at 01:36| Comment(3) | TrackBack(0) | D-0考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。